Came back こっち
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

最近のおうち。
きゃあ!
ついにトップページにスポンサーサイトが出て来てしまう始末!
すっかり放置してホコリの被ったブログですが…。
ときどきこうして気まぐれに更新してみたりします。

ここ最近は、時間ができたので、
気が済むまで家の掃除をしたり、モノを捨てたりして、
気候がいいこともあって、気分爽快な毎日を過ごしています。

何にでも影響をうけやすい私は、
こんまりさんの片付け術に感化され、
遅ればせながらやましたひでこさんの断捨離にも目覚め、
そしてこれ以上まだ影響されるのかってかんじですが
ゆるりまいさんのなんにもない部屋に衝撃を受け、

そんなわけで、わたしのおうちは快適です。

休みの日は家から出たくないレベルです。


ノベルティとかで貰っても、使わずホコリが被って終る、
悲しいアロマキャンドルも、
ついに自ら買って、なくなるまで使い切るという、女子力(?)のあがりっぷりです。

仕事ばっかしてるとヒゲ生えますからね。
家でゆっくりする時間も必要なんです。


















カニカマ※この商品はかにではありません


天津飯うまくできたー!
最近のストレス解消法は、ビールを飲みながら料理をすること!

ホテルの朝食が好きすぎる。
ホテルの朝食って単品でみたら
「軽く和民で飲んだ」くらいの金額なのに
それでもやめられないよねー、大好き。




熱海での朝食。
海を眺めながらの朝食
ほんとーにサイコーでした。
ゾロ目が続くとドキドキするね

これがカラーバス効果なのかい?




克服できないトラウマに神の存在を考える。
病院の待合室で父と二人で母を待っている、という子供の頃の断片的な記憶がある。
前後の記憶は全くないのにそこの部分だけ知っている。
しばらくして病室から出てきた母の顔には普段のような笑顔も優しさもなく、
ただただ疲れ果て、魂が抜けたかのような表情をしていた。

胃カメラを飲んだのよ、と母はいう。
からだの中を調べるために、細いホースを口からいれるのよ。

それを想像するや
幼いわたしは恐怖で震え上がった。
どんくさくてしょっちゅうあめ玉を飲みこんでは死にそうな形相で泣き叫び
背中を叩いて出してもらっていたわたしにとって
管のようなものをのどの奥に突っ込むなんてもう
拷問以外のなにものでもない。

と同時に
陽気な母をこんなにも参らせてしまう胃カメラというものは
どんだけの威力をもつ凶器であるのだ、と震えた。


そしてその時神様に願った。
どうか、わたしの人生で、胃カメラを飲む日がくることは、決してけっしてありませんように。と。










それから、たくさんの月日が過ぎた。
時代は変わった。
わたしはすっかり大人になった。







そして今日、わたしは
晴れて胃カメラデビューを果たした。







どうやら願いは届かなかったようだ。








処置室の前で順番待ちをしていると、
部屋の中から激しいうめき声が聞こえてくる。


自分も数分後にはああなるのだろうか。
と思うと冷や汗が出た。



しばらくすると、晴れ渡った表情のおじさまが部屋から出て来た。
自分も胃カメラを終えると、あんな清々しい気分になれるんだろうか。


そしてすぐにわたしの番がくる。
ベッドに寝かされ、横向きになってキャップのようなものをくわえる。
医師は淡々とそこに管を突っ込む。



そこでわたしは、胃カメラ経験者からのアドバイスを思い出す。
幽体離脱しろ
「のどから意識を離せ、その瞬間こののどは自分の体の一部ではないと思い込め」

そしてわたしはそれを実行した。
こののどはわたしのものではない、意識を遠くに遠くに…







ぐええええええええええええ!






いったいわたしの体のどこから出てるんだと思う音が発生。
看護士さんが必死で背中をさすってくれる。
大丈夫ですよー、ゆっくりゆっくりー、深呼吸ー。
優しさが身にしみます。…が、なんかちょっと引いたりしてませんか…?
どうしよう、胃カメラ飲んでる姿ほど、好きな人に見られたくないものってないよ!
万一医者がイケメンだったりしたら! そんなのもう一生ついてまわるほどのトラウマ!
こんな時間一秒でもはやく終ってくれと願うのに
異常なまでに長く感じる。
もうすぐですよー、もうすぐ終わりですよー、と言われてからが
めっちゃくちゃ長い。







やっと終ったと思っても
感じるのは達成感ではなく
ただただ
疲 労
なのであった。


よれよれになり
うがいをし
ふと、顔を上げて鏡を見るとそこに
二十数年前の、あの日の母の面影をみる。




胃カメラなんてやらずに死にたい
という思いは届かなかったが
胃カメラを経験して、またひとつ、世の中から怖いものがなくなったよ。



未知のものに対する言い知れぬ恐怖に震え、
切実に神に願っていたあの頃のわたしを、
慈悲のこころでそっと抱きしめてやりたい。




だけど
もう2度目はありませんように。
うすわり黒糖



これ。めっちゃハマる!
先日沖縄アンテナショップで購入した、うすわり黒糖。
ぱりぱり食べるのが楽しくて
夜中なのに止まらなくなってしまいました。
だいたいなんで甘いモノって、
薄くしたり細くしたりするだけで何倍もおいしくなるんだろう?

極細ポッキーも、
パリパリガーナも、めっちゃくちゃ美味しくて
オリジナルの数十倍食いついた。
量はへってるはずなのにねー。
こどもづくしな週末その▲縫灰織泪瀬燹
今日は大学時代からの友人であるマイちゃんと玉高のスタバで待ち合わせし、お茶を…
そしてその後屋上庭園で子供たちと遊びました
マイちゃんは二児の母。先日個展もやってたけど、賢くて才能あふれたひとなんです。
いま枕元にかざっているこの小さな絵も彼女の。




そして高島屋の屋上にあんなひろーい庭園があるなんて知らんかった。
滝もあるし、すごい子供がいっぱいで、子供たちも楽しそうでした。
わたしもすっごい楽しんだ(笑)
そして29℃と激アツだった今日は太陽にたくさんあたってつかれたのか
帰ってからうとうと…。
紫外線は気になるけど、太陽光って大事ですね!

そして



マイちゃんの子供を連れたわたし。
ニコタマダム風(笑)



こどもづくしな週末…









オペア
の経験は生きてるかなー

こどもづくしな週末その ,むつケーキ☆
先日産休中の先輩の赤ちゃんをみに、自宅にお邪魔してきました。
手みやげにおむつケーキを…

おむつの買い方さえしらないので
サイズや体重を目安に買うのに苦心しつつ、ドラッグストアの店員さんに聞いたりしてオムツを買い、


ネットで調べた作り方をもとに、初のおむつケーキをつくってみました。

できあがりが、これ↓









真横からみると、花(生)が刺さってて間抜けです(笑)

間にはスタイをはさみました。
星柄が完全に私好みです。。

ちなみに造花ではなく生の花を刺したのは単に時間がなかったから…。
中央はサランラップの芯で固定しているので、芯の穴に花束をそのまま刺しました(笑)
もちろん水分だけはオムツに影響しないように花屋さんにしっかり茎部分をくるんで固定してもらいました。
男の子ということで、青リボン×黄色のシースルーリボンを重ねて巻きました。



それにしても、先輩の子供、でかくてぷにぷにでかわいかったなあ
お酒の飲めるスターバックス☆ inspired by STARBUKSへ。




先月にこたまにできた、お酒の飲めるスターバックス。
行ってきましたー! 
全国のスタバから選び抜かれたバリスタさんらしく、
接客が素晴らしすぎて、
接客業だけはどうもむいてないとまわりから言われまくって生きてきたわたしとしては
本当に涙がでそうなくらい、感動してしまうのです。
スターバックスの店員さんのホスピタリティはディズニーランド並なのに、
そのトップを集めてますからぬ。
inspired by STARBUCKS 玉川三丁目店
是非行ってみてくださいな。

わたしはテラス席でビールとおつまみを楽しんできましたよ♪
初夏の外で飲むビールって、なんでこんなに美味しいのかしら。




ひよこガジェンヌにも記事書きました!









インスパイアード バイ スターバックス 玉川3丁目店
東京都世田谷区玉川3-34-2 リオ・ヴェルテ1F
03-5797-2350
月曜日の帰路にて。


いま、電車で向かいに座っていた、黒髪でショートカットの似合う、すっごい美形でかわいい女の子が(ほんとに芸能活動とかやってはんのかな?って思うかわいさ)ぼーっと上を眺めてて、次第にその巨大なおめめがうるうるしてきて、で、いきなりぽろっ!て涙をこぼしたんだけど
その様子があまりにもきれいで
なんかdocomoのCMでもみてるのかのような錯覚をおこしました。

終電間際の電車でいきなり涙を流すなんてシチュエーション、美女ならこんなにも絵になっちゃうのね。
そのあとスマホみて、また泣きそうになって次の駅で降りて行っちゃったから、メールで彼氏と別れ話の途中なんかなぁ、とかいらん心配をしつつ、いまこの車輌でこの子が泣いたことに気づいたのはおそらく、あたしだけだろうという、謎の贅沢感を感じる銀座線なのだった。